64歳以下のコロナワクチン接種、10月中に完了へ 熱海市

熱海市の齋藤栄市長は6月18日、新型コロナウイルスワクチンの16~64歳以下への接種について、10月中に完了を目指す方針を明らかにした。市議会6月定例会で越村修氏、稲村千尋氏、川口健氏(熱海成風会)の一般質問に答えた。
対象人数は約1万5865人。医療機関の接種可能人数などと照合し、60歳〜64歳に接種券を今月下旬に郵送。基礎疾患者や高齢者施設従事者などの接種を7月中旬から、一般は同下旬から実施する。59歳以下には7月初旬に接種券を郵送し、基礎疾患者や高齢者施設従事者は7月中旬、一般は8月上旬から接種する。
市はこれまで、市役所や小学校体育館などでの集団接種と市内2病院(国際福祉医療大学熱海病院、所記念病院)での個別接種を行なっていたが、基礎疾患者はかかりつけのクリニックや診療所でも受けられるよう医療機関と調整している。集団接種は夏場の空調環境も考慮して、日曜のみ市役所で行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る