土石流災害に光明 ホストタウン相手国ブルネイ、東京五輪出場を正式決定

東京五輪の熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)のオリンピック委員会は7月5日、五輪参加を正式に決めた。新型コロナウイルスが世界的に拡大する中、ブルネイでは昨年来、感染者ゼロが続いている。国民の健康を大事に思うハサナル•ボルキア国王は、参加に慎重だったが、国民の期待と日本の真剣なコロナ対策を評価し、出場案を承認した。

来日するのは、同国オリンピック委員会役員と競泳、陸上の男子選手(各1人)、コーチなど総勢7人。当初は五輪前に熱海市を表敬訪問する予定もあったが、感染症対策のバブル方式を打ち出した大会組織委員会の意向を受け、一行は選手村に直行し、本番に備える。
参加決定のニュースを聞いた齋藤栄市長は「いま熱海はこういう状況なので大変明るいニュース。ホストタウン契約は事後交流型なので、五輪後に経済、観光、文化、教育などで相互交流をする合意ができている。心から応援したい」と期待を寄せた。
熱海市はアフターコロナ、伊豆山温泉の復旧を見据え、ブルネイ国を橋頭堡に世界の最大勢力へと発展するイスラム市場の取込みに力を注ぐ。
(熱海ネット新聞)
■ ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ) 東南アジア・ボルネオ島の北部に位置し、面積は三重県とほぼ同じ大きさ。人口約40万人。敬虔なイスラム教国で、スルタン(宗教的権威)と呼ばれるハサナル・ボルキア国王が治める立憲君主制の国。公用語はマレー語。石油、天然ガスに恵まれ、アジアで最も裕福な小国として知られ、医療費や教育費は無料。所得税はなく、給与水準も高い。1984年に英国から完全独立した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る