盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目途として盛り土業者と市の過去の対応について公表する」と明言した。その上で「職員の大半が被災者支援に注力する中で、書類の調査を進めているが、10年以上前の資料であり、探索自体に難渋し、整理できる状況に至っていない」と現状を説明。「退職した職員も多く、その人たちから話を聞くなどして当時どのような指導をしたかなどを検証していく」と述べた。
この日の各氏の質問では、盛り土を行った業者の名称、指導内容、納税記録など多種多様に及んだが、市当局は「守秘義務があり、開示できない」と、明快な回答を避けた。
市は県の盛り土問題の調査に全面協力して早期の真相究明に努めるとしているが、市の内部調査が難渋していることが分かり、10月中旬の公表を危ぶむ声も出ている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-26

    熱海梅園で「梅」開花 今季も日本最速 一番咲きは白の冬至梅

    日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で10月25日、今シーズン最初の花を咲かせた。韓国庭園横の冬…
  2. 2021-10-26

    【お悔やみ】小山久子さん(熱海市下多賀)10月25日死去

    山久子さん(こやま・ひさこ)10月25日死去、91歳。熱海市下多賀1431の13。通夜27日午後6時…
  3. 2021-10-26

    【お悔やみ】星川洋章さん(熱海市小嵐町)10月22日死去

    星川洋章さん(ほしかわ・ひろあき)10月12日死去、84歳。熱海市小嵐町13の33。告別式26日午後…
  4. 2021-10-25

    公明党の石井啓一幹事長、自民党と合同で熱海駅で街頭演説

    公明党の石井啓一幹事長は10月25日、同党の衆院選比例東海ブロックと静岡6区に立候補した自民党の前職…
ページ上部へ戻る