盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目途として盛り土業者と市の過去の対応について公表する」と明言した。その上で「職員の大半が被災者支援に注力する中で、書類の調査を進めているが、10年以上前の資料であり、探索自体に難渋し、整理できる状況に至っていない」と現状を説明。「退職した職員も多く、その人たちから話を聞くなどして当時どのような指導をしたかなどを検証していく」と述べた。
この日の各氏の質問では、盛り土を行った業者の名称、指導内容、納税記録など多種多様に及んだが、市当局は「守秘義務があり、開示できない」と、明快な回答を避けた。
市は県の盛り土問題の調査に全面協力して早期の真相究明に努めるとしているが、市の内部調査が難渋していることが分かり、10月中旬の公表を危ぶむ声も出ている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る