8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが、今年は8年ぶりに満月となり、多くの熱海市民がお月見を心待ちした。あいにく、同日夜は薄い雲に覆われたが、熱海ネット新聞は熱海湾に上る際の仲秋の名月を写真に収めた。名月の光が海面に反射して道のように見える「ムーンロード」が現れた。
仲秋の名月の夜は、例年、来宮神社と伊豆山神社で「観月祭」「十五夜祭」が開かれるが、来宮神社は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小。管弦、舞楽を雅楽の奉納を取り止め、巫女が「剣•鉾の舞」「吾妻」を奉納した。
伊豆山神社では、コロナ禍と伊豆山地区で起きた土石流を考慮して行事をすべて中止した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る