来宮神社「浜降り神事」4カ月遅れで挙行 伊豆山土石流災害に配慮

伊豆山土石流災害の影響で開催が見送られていた来宮神社例大祭の「浜降り神事」を含む神幸祭(例年は7月16日)が11月23日、同日の新嘗(にいなめ)祭に合わせて斎行された。
「浜降り」は来宮神社の神々が鎮座する御鳳輦(ごほうれん)を担いで海に入り、熱海の繁栄と平穏を祈願し、厄落としする神事。午前11時から白丁に身を包んだ厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」(藤間崇史会長)の会員約30人が、天狗の姿をした猿田彦を先頭に熱海サンビーチに入り、「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら海中を50メートルほどを渡御した。


この日は、勤労感謝の日の休日で好天にも恵まれ、多くの住民や観光客が見物に詰めかけ、声援を送るとともに、天狗が振り撒く麦こがしを浴びて無病息災を願った。
藤間会長は「浜降りは100年以上続く伝統神事。今年は約4カ月待った開催となったが、会員が一つなって強い気持ちで準備してきた。熱海全体に活気が戻るように身を清めて厄を落とした」と話した。
伊豆山神社と今宮神社の奉賛会役員も協力し、今年は伊豆山地区の復興も願った。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る