忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、熱海湾で始まった。スターマイン、大空中ナイアガラをはじめ、大玉を含む3000発が澄んだ夜空を彩った。師走に入り、各宿泊施設は活況が続くが、施設内で見物する人も多く、観衆は約2500人(主催者発表)だった。
静岡県では、12月27日まで県民向け県内観光促進事業「バイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!!~」が行われており、これが熱海でも人気。1泊(1人宿泊単価1万円以上)につき5千円の宿泊料が割り引かれ、買い物ができる地域クーポン2千円も。さらに熱海市内の宿泊者には、7月に発生した伊豆山土石流災害で大きな打撃を受けている市内観光事業の復興支援を目的に、市内の土産物店や観光施設などで使用できる「熱海応援クーポン」2000円も付く。市民が市内施設で宿泊利用する人も増え、伊豆山地区のホテル旅館も賑わいを取り戻している。

熱海市ではこの日で秋の誘客イベント「熱海梅園もみじまつり」が閉幕したが、「忘年花火大会シリーズ」がスタート。12(日)、18日(土)、25日(土)にも開催する。時間は各日午後8時20分〜午後8時40分。
また、市内の泉公園では26日(日)に伊豆湯河原温泉花火大会(伊豆湯河原温泉観光協会主催)を開く。時間は手筒花火が午後8時20分~午後8時40分、打上花火が午後8時40分~午後9時。夏に予定していたに恒例の納涼花火大会がコロナ禍で中止になり、収束したことから代替開催する。
(熱海ネット新聞)
https://airstair.jp/shizuoka-campaign/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る