月の栖 熱海聚楽ホテル、東海地区「売れた宿ランキング」で初の1位

大手旅行サイト「じゃらん」の「売れた宿ランキング」で熱海市の「月の栖 熱海聚楽ホテル」(森田金清社長)が東海エリア(1月〜3月分)の11室~50室の宿部門で1位となった。
同ランキングは四半期ごとに、リクルート社が運営するじゃらんnetの宿泊取扱額を集計し、エリア別(北海道、東北、関東甲信越、東海、近畿・北陸、中国•四国、九州)、施設規模別(101室以上、51〜100室、11室〜50室、10室以下)に発表している。
「うちは客室が35室しかなく、条件的に不利だが、健闘したと思う。お客様と従業員に感謝している」と森田社長。


昨年4ー5月の新型コロナウイルスの感染拡大で営業を休止していた期間に貸し切り風呂を増やしたり、ウイズコロナに対応できるよう部屋を改装したこと。チェックイン日に午前中から荷物を預かり、日中も市内周遊できるようにするなど、客に寄り添ったサービスが評価された。
「密閉・密着・密接」の回避でメーンだった団体旅行が激減したことで、若い世代や女性の個人客の誘客に力を入れたことが奏功。昨年7ー9月期は2位、10ー12月期も3位にランクされ、今年1ー3月期に初の1位を獲得した。今年1ー3月期の2位は伊豆修禅寺温泉「湯回廊菊屋」、3位は鳥羽ビューホテル「花真珠」だった。


森田社長は「これを励みにさらに頑張り、年間1位を目指す。熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長の立場としても、熱海全体に多くのお客様が来ていただけるよう努めたい」と話した。
今年1ー3月期の「101室以上」の部では、熱海後楽園ホテルが2位に選ばれた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る