大晦日の伊豆山神社で災害復興イベント みんなで鎮魂のキャンドル灯す

7月3日の伊豆山土石流災害から初めての年越しとなる12月31日夜、熱海市のボランティア団体「テンカラセン」(高橋一美代表)は「伊豆山神社の参道にみんなで灯りをともそう!」を開催する。伊豆山神社の参道石段にキャンドルの灯をともし、震災犠牲者の鎮魂と復興への願いを込める。受付は午後4時〜午後8時、伊豆山神社バス停前(キヨミ駐車場)。参加者に間伐材や廃材でつくったコースターを提供し、それぞれの願いや思いを書き込んでもらい、LEDキャンドルにのせて同神社の参道に設置する。キャンドルは1月1日夜までともす。
(熱海ネット新聞)
■テンカラセン 問い合わせは090ー5032ー8035(高橋)
■協力 伊豆山神社、熱海キコリーズ、伊豆山絆一志會、伊豆山巽剛一會、稲村生コンクリート、幡ヶ谷再生大学、ボクシングスクールFIST、BOND &JUSTICE、未来倶楽部、柳家睦とラットボーンズ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る