土石流災害で避難生活中の高齢者男性死亡 熱海市、弔慰金支給審査委設置

熱海市は1月25日、伊豆山土石流に伴う避難生活中に死亡した高齢男性の遺族から災害弔慰金の申請があったことに伴い、2月上旬に審査委員会を開き、支給、不支給を判断すると発表した。
市によると、亡くなったのは高齢男性で、昨年7月3日に発生した土石流災害で市内のホテルに設置された避難所で体調を崩し、病院で死亡した。詳細は明らかにしていない。
委員会は医師や弁護士ら5人以内で構成。非公開で開き、災害と死亡との間に相当因果関係があるか否かを審査し、支給、不支給を判断する。
伊豆山土石流災害では、これまで26人が死亡し、1人が行方不明になっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る