熱海市の14歳以下人口比率「5・75%」 静岡県内35市町で最少 

静岡県は2月7日、2020年10月から21年9月までの1年間の推計人口と市町別(35市町)の年齢構成割合を公表した。県の年少人口(0~14歳)割合は12・00%、同じく生産年齢人口(15~64歳)は57・43%、老年人口(65歳以上)は30・57%だった。
市町別の年齢区分で熱海市は年少人口(0~14歳)の割合が35市町で最も低い5・75%。生産年齢人口(15~64歳)も県内23市で最も低い45・19%。一方、老年人口(65歳以上)は、23市で最も多い49•06%だった。あらためて熱海市の少子高齢化が浮き彫りとなった。
(熱海ネット新聞)
■熱海市の年齢階級別人口比率
年少人口(0~14歳)=5・75%
生産年齢人口(15~64歳)=45・19%
老年人口(65歳以上)=49・06%

http://www2.pref.shizuoka.jp/all/kisha.nsf/kekka_sosiki/CF640FB744DFF41C492587D100366747/$FILE/0207toukei.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る