ウクライナの平和願い、網代温泉で海上花火大会 昨夏中止の代替開催

熱海市の網代温泉観光協会は4月9日、網代湾で網代温泉海上花火大会を開いた。コロナ禍と伊豆山土石流災害の影響で中止した昨年の網代温泉海上花火大会(2021年8月16日)の代替開催。まん延防止等重点措置が解除されたタイミングで実施した。
今回は、土石流犠牲者の「鎮魂」とウクライナの平和を願って午後8時30分〜45分に3000発を打ち上げ、約3000人(主催者発表)が夜空を彩る花火に思いを込めた。網代温泉の花火は、連続で花開くスターマインのほか、漁師まちらしく炸裂時に魚の形に代わるユニークな花火が特徴。通常は網代湾と多賀湾に向けて3カ所から打ち上げるが、この夜は会場に近い網代港の2カ所から集中して打ち上げ、玉数も1000発増量。歴代の熱海市内の花火大会で最も密度の濃い、迫力満点の花火となった。
また通常は、花火に合わせて国道135号の平鶴前~ひもの銀座入り口間を通行止めにして見物客に解放するが、今回は初めて規制を実施せず、開催した。行き交う車中からも観賞できた。今年の網代海上花火大会は8月16日に開催する。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る