土石流巡る百条委 齋藤栄市長、橋本一実市議から参考人聴取

熱海市の大規模土石流で熱海市議会は4月8日、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)を開き、齋藤栄市長と橋本一実市議が参考人招致された。県が公表した公文書の中で、2014年6月23日に県職員が源頭部北側隣接地(伊豆山C工区)の廃棄物の状況を確認した際に、土地所有者の代理人から状況を確認。県の報告書の中で「土地開発については、現在、現場の作業を止めて、開発申請のための手続きや事前協議の準備を進めている。市長や市まちづくり課、県議会議員とも話をしながら、計画を固めている段階」(公文書F185)と記していることから、齋藤市長と当時県議だった橋本市議を聴取した。
市長は「事実ではない」と否定した上で、委員の「前現土地所有者との面識はあるか」の質問に対し、「前所有者の代理人とは2011年12月12日、市役所であった。あいさつ程度のものだった。現所有者とは2017年8月4日、市役所で1度だけ会った。あいさつと共に、市民も使える運動場を造りたいので助成金が欲しいとの意向だったが、丁寧にお断りした」と述べた。
橋本市議も「事実ではない。14年以前も含めて、現土地所有者との面識はない」と否定。委員会終了後、取材陣の「他の議員が現土地所有者とつながっているという話を聞いたことがあるか」の質問に「そこまでは分からない」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る