春のあたみビール祭り、3年ぶりに開催 ビールと浜焼きで乾杯

熱海市の渚親水公園イベント広場で5月2日、「春のあたみビール祭り」が始まった。この2年間は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止し、3年ぶりの開催。会場には通常の3〜4割引という地場産の伊勢エビやアワビ、サザエなどを七輪で焼いて食べる浜焼きやコーナーが設けられ、地元の飲食店などによるおつまみの出店も。ステージでは音楽の演奏があり、爽やかな潮風を受けながら冷たいビールを味わった。
昨年7月に伊豆山土石流災害で被災した伊豆山の「つり船 静丸」「喜余味」も出店。サザエのつぼ焼きや総菜などを提供した。3、4日は午前10時〜午後4時。最終日の5日は午後3時まで。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る