熱海梅園・中山晋平記念館でサルスベリが満開 夏を彩る涼やかな花

熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色を花を咲かせ、満開を迎えた。暑さを避け、涼を求める人たちの目を楽しませている。
この木は、樹皮のはがれた部分がつるつるしているところから名がついた。7月の盆頃から9月彼岸あたりまで約100日間紅色の花を咲かせることから、百日紅(漢名)の別名を持つ。8月2日の熱海市は熱中症警戒アラートが発表され、今年最高の34・5度となったが、夏にしか楽しめない花が記念館の庭を彩っている。

大正初期から大衆音楽の普及に大きな足跡を残した作曲家「中山晋平」は、第2次世界大戦が激しくなった昭和19年に東京・中野区から熱海市に移住。昭和27年に亡くなるまで市内西山町に居住した。現在は、熱海市が居宅を梅園内に移築して入館無料で一般公開している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る