熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で開催され、3年ぶりに通常点灯した。近年は上多賀の長浜海岸から中野の小山臨海公園までの約3000メートルの国道135号沿いに290基のかがり火を灯して先祖の精霊を送るが、今年は120基での実施となった。
コロナ禍でこの2年間、同祭は長浜海水浴場の20基だけで開催。行動制限のないお盆休みとなった今年はフルスペックでの点火を目指したが、高齢化に伴う担い手不足と消防に負担をかけるため、中間部の下多賀町内会が参加を取りやめた。

「百八体流灯祭」は山から切り出した燃木(もしき)を井桁(いげた)に組み上げ、松明で火を灯して先祖の霊をなぐさめる。戦前まで300年続いた伝統仏事。それを同協会が1963年(昭和38年)にお盆の行事として復活させ、上多賀・下多賀・中野地区の町内会が分担して協力してきた。
「一」文字型の送り火では、日本最大級で知られたが、今年は「− –」の両端型になり、訪れた観光客から惜しむ声が聞かれた。担い手不足が続けば、熱海のお盆の風物詩が継続困難になる。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る