「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光がゆるやかに揺れると、訪れた約500人が手を合わせ、先祖や土石流犠牲者の魂を弔った。伝統行事「百八体流灯祭」の前に開いた。
多賀観光協会が環境に配慮して赤、黄、緑、青色の水で溶ける素材の灯籠(1組1000円)を用意。それを買い求めた観光客や独自の灯籠を持ち込んだ上多賀地区の住民らが、供養の言葉や「伊豆山の復興」「新型コロナウイル終息」などの願い事を書いて祈りをささげた。下多賀と中野地区は合同で池田港で灯籠流しを実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る