【社会】熱海港の沖で1人乗りカヤック漂流 仏男性不明

14日午前11時55分ごろ、熱海港防波堤から沖合50~100メートルで、1人乗りカヤックが漂流しているのを地元の漁業関係者が見漁師が見つけて、警察に通報した。カヤックはゴム製で長さ2・7メートル、幅0・8メートル。カヤック内は無人で、フランス国籍の男性(25)のパスポート、携帯電話が残されており、オールも近くで見つかった。同日午前10時10分ごろ、熱海サンビーチからこの男性が初島に向かって海に出たのを知人が確認しているという。
警察や海上保安部などは男性がカヤックから誤って転落し遭難した可能性もあるとみて、行方を探している。

porarisu

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-25

    参院静岡補選 野党系・山﨑氏が当選 熱海市では自民・若林氏リード

    岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選が10月24日、投開票…
  2. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  3. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  4. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
ページ上部へ戻る