【社会】網代で112・5ミリ、JR伊東線「熱海-伊東駅」間12本が運休

梅雨前線に温かく湿った空気が流れ込んだ影響で23日、熱海市も未明から大雨に見舞われ、網代で112・5ミリを記録した。この影響でJR伊東線は熱海駅と伊豆多賀駅に設置してある雨量計が規制値に達し、熱海-伊東駅間で午前8時49分から約3時間運転を見合わせ、特急踊り子を含む上下12本が運休。約4千人に影響が出、代行バスを運行した。JR東海道線も熱海-三島間を8本が運転を見合わせた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る