【社会】小型船安協、海保、熱海署、中部運輸局が合同で安全パトロール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海難事故を防ごうと熱海サンビーチと多賀湾で伊豆小型船安全協会熱海支部(鵜沢精一会長)、下田海上保安部(犬藤学保安部長)、熱海署(及川博行署長)、中部運輸局下田海事事務所が合同で安全パトロールと海難救助訓練を実施した。
熱海サンビーチでは、プレジャーボートや釣り船、水上オートバイ、スタンド・アップ・バトルボード(SUP)の利用者に救命胴衣の常時着用、居場所の確認を訴えた。多賀湾では、沖合で小型ボートが転覆し、海上保安庁への緊急通報電話番号「118」に救助要請したことを想定。電話は横浜の管区海上保安本部の運用司令センターにつながり、救助出動指令を受けた同支部の安全パトロール艇「しぐなす」「マックス2」がスパマリーナ熱海から出動。下田海上保安部の警備救難艇「ぽらりす」、熱海署のパトロール艇「はやぶさⅡ」など8艇が連携して、漂流する2人を救助した。実戦さながらに4つの場面を想定し、「ぽらりす」を起点に4トップが陣頭指揮して人命救助に取り組んだ。
◆人身事故 下田海上保安部管内では昨年22人件の人身事故(志望者・行方不明)があった。最も多いのは遊泳中の22人で釣り6件、スキューバーダイビング5件の順。月別では8月がもっとも多く、次いで7月、9月の順。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
熱海サンビーチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
多賀湾
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る