【観光】台風7号の影響で100基に規模縮小、多賀海岸・百八体かがり火

IMG_8199ss
お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体かがり火」(多賀観光協会主催)が16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。今年は大型で強い台風7号の接近を受け、急きょ、規模を縮小して開催。例年は長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれるが、長浜ビーチと下多賀の一部に縮小し、100基に点火した。
中止が決まった国道135号の歩道では地域住民らが撤収作業が続け、夏の夜空を焦がす壮大な270基の炎を楽しみに訪れた観光客や市民は、残念そうに郷愁を誘う幻想的な光景を楽しんだ。
◆百八体かがり火 南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。誘い出した害虫をまとめて除去したという。そんな農業行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火「百八体かがり火」という大掛かりな行事として復活。年々評判を呼び、多賀地区最大の観光イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今では270基まで増えた。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級。
kagaribi
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_8146ss (1)
IMG_8152ss
IMG_8166ss
IMG_8143ss (1)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る