【市政】熱海市の参院選投票率18歳42%、19歳30% 全国平均大きく下回る

熱海市選挙管理委員会は、7月10日に行われた参議院選挙の市内18歳、19歳の投票率をまとめた。全体では36・07%で、全国平均(45・45%)を9・38ポイント、県平均(43・56%)を7・49ポイント下回った。
市内の18、19歳の有権者数は560人(18歳258人、19歳302人)で、投票者数は202人だった。高校生もいる18歳の投票率は42・64%だったのに対し、19歳は30・46%と低さが目立った。市選管の担当者は「進学などで親元を離れ、住民票を残したまま転出し、投票に行かなかった人も多いのでは」と分析している。全年齢での投票率も52・16%で県平均(55・76%)より低かった。
昨年6月の公職選挙法の改正で、選挙権年齢が20歳から18歳以上に引き下げられ、今回の参院選から適用された。国政選挙のほか、市長選、市議会選も対象になる。
◆熱海市の投票者 有権者数=3万4192人、投票者総数=1万7835人、投票率=52.16%(期日前投票6044人、当日投票1万1791人)
◆全国では 18歳の投票率は51・17%、19歳は39・66%。20歳台の投票率は20~30%。18歳、19歳が上回っているが、全体の投票率は54・70%で若い世代の投票率の低さが際立つ。  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る