【経済】巨人軍「納会」の熱海後楽園ホテル「みさき館」、51年の営業に幕

熱海後楽園ホテル「みさき館」が8月31日、51年にわたる営業を終え、閉館した。みさき館は1965年8月、同ホテル開業時に開館。敷地面積約7900平方メートル、11階建て延べ床面積は約2万8800平方メートル。客室は約140室、宿泊定員約650人で、年間約8万人が宿泊した。読売巨人軍が「納会」の会場として利用してきたことでも知られる。宴会後は、ONをはじめ各選手が馴染みの飲食店やスナック等に繰り出し、翌日は近隣のゴルフ場で球団コンペが行われるなど、熱海のにぎわいに長く貢献してきた。
同ホテルを経営する東京ドーム・リゾートオペレーションズは、2013年施行の改正耐震改修促進法に基づく耐震工事を行うより、建て替える方が経済合理性があると判断した。2020年東京五輪・パラリンピックまでに、新施設を跡地に開業する方針だが、その間は隣接の同ホテル「タワー館」だけの営業となる。
show_img
左から須藤豊、王、柴田勲、槌田誠、倉田誠、末次利光、吉田孝、上田武司(昭和49年11月29日)
g

IMG_5697ss
hanabi
伊豆山の大型宿泊施設「ホテル水葉亭」も31日、営業を終了した。千葉香織社長は、9月以降について「流動的な部分もあり、現状で確たる話はできかねるが、そう遠くない時期に方針を報告できる」とのコメントを発表した。同ホテルから観る伊豆山温泉海上花火大会は迫力があり、人気が高かった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る