【社寺】月明かりの下、献歌で源実朝をしのぶ 伊豆山神社で「十五夜祭」

%e3%81%a8%e3%81%a3%e3%81%b7
仲秋の名月の15日夜、伊豆山神社で十五夜祭があり、「第65回源実朝を偲(しの)ぶ仲秋の名月 伊豆山歌会」を催した。月明かりの下、原口尚文宮司が厳かに神事を執り行い、来賓、参列者が玉串を捧げた。続く献歌では、出席歌人が順に句を詠みあげ、地元中学生5人が頼朝の舞を奉納。加藤登美緒さんと山口真紀さんが琴を、須藤英二さんがフルートを献奏し、熱海にゆかりが深く、歌人でもあった鎌倉3代将軍実朝をしのんだ。
◆源実朝(みなもとのさねとも) 鎌倉幕府第3代将軍、歌人。幕府を開いた源頼朝の4男。母は政子。兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍。歌人としても知られ、伊豆山神社に参拝に訪れる際に十国峠で詠んだ「箱根路を我が超え来れば伊豆の海やおきの小島に波のよる見ゆ」は有名。
◆歌会 30都道府県から一般の部に274首、小学生458首、中学生831首の応募(ほかに当日投稿97首)があり、歌人の馬場あき子、三枝浩樹、池田はるみ、栗木京子、染野太朗氏が選考。熱海市伊豆山のハートピアホテルで授賞式と講評があった。
%e6%9c%97%e8%aa%ad%e8%8a%b8%e8%80%85
如月さくらさんによる平家物語献読
%e5%89%af%e5%b8%82%e9%95%b7
森本要副市長
%e5%ae%ae%e5%8f%b8
%e6%9d%89%e5%b1%b1
%e8%97%a4%e6%9b%b2
%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9f
%e5%85%88%e7%94%9f
%e5%b7%ab%e5%a5%b3%e8%88%9e
%e7%90%b4
img_6325ss2
img_6328ss2-1
img_6349ss2%e7%9c%8b%e6%9d%bf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る