【編集室】よっしゃ、熱海湾に”十六夜スーパームーン”  次回は18年後…

img_3525ss-1
地球と月の距離が昭和23(1948)年以来68年ぶりに最接近し、満月が普段の最大で14%大きく、明るさも30%増す「スーパームーン」。本紙天体取材班は11月14日夜、息急き切って熱海市の渚親水公園に出動したが、雨や曇りで空振りに終わり、撮ることができなかった。なら「十六夜スーパームーン」を激写しようと、15日もムーンテラスに陣取り、ふだんより特に大きく明るい月を写真に収めた。
月と地球の距離は平均でおよそ38万4400キロだが、国立天文台によると、15日の月と地球の距離は約35万7400キロ。14日夜より900キロ程度遠のいたものの、この距離の差で直径が小さくなる度合いはわずか0.3%で、15日夜の月も14日夜の月もほとんど変わらない大きさと明るさという。
次の超スーパームーンは、18年後の平成46年(2034)。てことは?!歳。この月の写真は要保存版。
(熱海ネット新聞)

img_3537ss
img_3550ss
img_3552ss-1
img_3558ss
img_3612ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る