【編集室】雪をかぶった富士山 週末は大荒れ、常春熱海も雪に警戒


気象庁は1月14日から15日にかけて日本海側を中心に局地的な暴風雪や路面の凍結などに警戒するよう呼び掛けている。上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、日本列島は強い冬型の気圧配置になっている。13日、本紙が標高765メートルにある熱海市の日金山(ひがねさん、十国峠)の芝の広場を訪れると、半分雪をかぶった富士山がくっきり。週明けにはすっぽり雪に覆われそうだ。
常春の熱海も14日未明には気温0度まで下がり、1センチの積雪も予想され、最も寒い時期を下回る。14日明け方にかけて強風注意報も出ており、空気の乾燥による火の取り扱いにも注意が必要だ。
(熱海ネット新聞)


駿河湾=三島・沼津方面

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る