【編集室】雪をかぶった富士山 週末は大荒れ、常春熱海も雪に警戒


気象庁は1月14日から15日にかけて日本海側を中心に局地的な暴風雪や路面の凍結などに警戒するよう呼び掛けている。上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、日本列島は強い冬型の気圧配置になっている。13日、本紙が標高765メートルにある熱海市の日金山(ひがねさん、十国峠)の芝の広場を訪れると、半分雪をかぶった富士山がくっきり。週明けにはすっぽり雪に覆われそうだ。
常春の熱海も14日未明には気温0度まで下がり、1センチの積雪も予想され、最も寒い時期を下回る。14日明け方にかけて強風注意報も出ており、空気の乾燥による火の取り扱いにも注意が必要だ。
(熱海ネット新聞)


駿河湾=三島・沼津方面

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  3. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  4. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
ページ上部へ戻る