【編集室】4月2日まで市民を無料招待 熱海ローズフェスティバル


「熱海ローズフェスティバル2017」が開幕したアカオハーブ&ローズガーデン(赤尾宣長社長)では、4月2日まで熱海市民を無料招待している。春らしい陽気となった3月29日、ガーデンを訪れると、太平洋を一望する園内を観光客とともに多くの市民が訪れていた。
4000本のバラは4月中旬から咲き始め、5月に入るとベストシーズンを迎える。バラの鑑賞にはちょっと早かったが、園内では菜の花、スイセン、ヒヤシンス、ストック、ビオラ、ハナモモ、ノースポール、デージー、アーマンディなどの春花が、競うように見ごろを迎えており、お花見が楽しめた。4月中旬には10万球のチューリップがガーデン全体を彩るという。
世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」や錦ヶ浦を借景とした雄大な景観、イチゴ(紅ほっぺ)やバラ、チェリーのアイスクリームなどいずれも世界水準。足を運ぶ価値は十分にある。
(熱海ネット新聞)
問い合わせは0557-82-1221へ
◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。ローズフェスティバルは3月25日から7月9日まで。















関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る