【社寺】来宮神社で「仲秋観月祭」 風流な舞、雅の音色で「十五夜」出現







動画…悠久の舞

動画…琴曲

動画…管弦





雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋の観月祭・演奏会」が10月4日夜、来宮神社であった。毎年、四季を通じて最も月が美しく輝いて見える「仲秋の名月」の日に開かれる恒例行事。観月祭が始まった午後6時30分には、厚い雲に覆われ、心待ちしていた月は見られなかった。しかし、雨宮盛克宮司が神事を執り行い、1時間にわたって巫女の「悠久(ゆうきゅう)の舞」、琴曲「五十鈴川」、管弦「千秋楽」、舞楽「陪臚(ばいろ)」などをささげると午後8時過ぎ、にわかにお月さまが姿を現し、歓声が上がった。市内の旅館ホテルの宿泊客も多く、スマホに収めるなどして、熱海のお月見を堪能した。参拝者には、来宮神社例大祭「こがし祭り」にちなんだ「こがしまんじゅう」がふるまわれた。
雅楽は、古代中国や朝鮮半島から伝わり、宮中で花開いた。1330年以上の歴史を持ち「世界最古のオーケストラ」とも呼ばれる日本の伝統芸能。この夜は大仁雅楽会、宮内庁関係者など15人の楽師が笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、琵琶、太鼓などを奏でた。
(熱海ネット新聞)
■悠久(ゆうきゅう)の舞 昭和15年の紀元2600年奉祝の時に、元寇襲来の際、宏覚禅師が詠まれた「すえの世の末のすえまで我が国は よろずの国にすぐれたる国」の歌に、宮内省の多忠朝楽長が作曲作舞。昭和39年に多静子さんが巫女舞に改作した神社神楽舞。巫女舞指導者の飯田淳美さんの指導の下、来宮神社の和田、斎藤、湯田、福田巫女が舞った。歌い手は山本、三木権禰宜。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る