【駅伝】鈴木芽吹君(熱海出身)が区間賞 長野・佐久長聖高Vに貢献

全国高校駅伝は12月24日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、男子(7区間、42.195キロ)は20年連続20度目出場の佐久長聖(長野)が2時間2分44秒で、9年ぶり2度目の優勝を果たした。2連覇を狙った倉敷(岡山)は2位だった。
佐久長聖は6区で1年生の鈴木芽吹(めぶき)=熱海市立泉中出身=が区間賞の力走で13秒差で前を走っていた倉敷を逆転してトップに立ち、逆に18秒の差をつけ、栄冠を引き寄せた。小学生のときに箱根駅伝を観戦し、東海大のエースとして2区を走った佐久長聖出身の村澤明伸(日清食品グループ)と電車で偶然乗り合わせて、握手してもらい、それがきっかけで佐久長聖に入学したという。
■佐久長聖高・鈴木芽吹 それほど差がなかったので、落ち着いて走れた。逆転できる自信はあった。チームを引っ張っていける選手になりたい。
■熱海の貴公子 熱海市立泉中学時代は、3000メートルで県ランク1位。昨年12月のしずおか市町対抗駅伝では11区で区間賞。今年1月22日の全国都道府県対抗駅伝でも、中学生が走る3キロの2区に出場。10位でたすきを受け、6位にジャンプアップし、静岡県の5位入賞に貢献。

<総合成績>
1位 佐久長聖(長野) 2時間02分44秒
2位 倉敷(岡山) 2時間04分11秒
3位 仙台育英(宮城) 2時間04分59秒
4位 大分東明(大分) 2時間05分00秒
5位 一関学院(岩手) 2時間05分20秒
6位 浜松日体(静岡) 2時間05分22秒
7位 札幌山の手(北海道) 2時間05分25秒
8位 須磨学園(兵庫) 2時間05分32秒
9位 九州学院(熊本) 2時間05分36秒
10位 水城(茨城) 2時間06分05秒

<区間記録>
1区(10.0km)29分15秒  中谷 雄飛 (佐久長聖)
2区(3.0km)8分06秒 服部 凱杏 (佐久長聖)
3区(8.1075km)23分11秒 チャールズ ニジオカ(倉敷)
4区(8.0875km)23分28秒 本間 敬太 (佐久長聖)
5区(3.0km)8分41秒 小野 一貴 (倉敷)
6区(5.0km)14分20秒 鈴木 芽吹 (佐久長聖)
7区(5.0km)14分20秒 下舘 真樹 (一関学院)


今年1月の全国都道府県対抗男子駅伝出場を齊藤栄市長に報告する鈴木芽吹君(当時は熱海市立泉中3年)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  2. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
  3. 2021-7-28

    ブルネイのファダウス選手 インスタで入国あいさつ 熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪で熱海市がホストタウンを務めるブルネイ・ダルサラーム国のムハマド・ファダウス選手(25)が…
  4. 2021-7-28

    8月28日の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」中止 全国的なコロナ感染再拡大で

    熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会は7月27日、新型コロナウイルス感染症の全国的な再拡大のため、8月2…
ページ上部へ戻る