【編集室】体験型レジャー 手びねり、ろくろ…陶芸体験が超人気/咲見町、土火


活況が続く熱海市で、体験型レジャー・陶芸体験が人気を呼んでいる。市内咲見町の陶芸工房「doka 土火(どかどか)」では、毎週末になると、首都圏から観光に訪れた若者たちが、手びねり、ろくろ、絵付けなどの陶芸を楽しんでいる。
年間307万人もの宿泊客が訪れる熱海市は、四季を通じて梅、桜、ジャカランダ、ブーゲンビリア、もみじなどの花木が街中を彩る。南欧コートダジュールのようなビーチやデッキ、MOA美術館などもあり、熟年層が散歩を楽しむには最高の環境。しかし、若者世代からは物足りなさを訴える声を時折り聞く。そんな若い世代の旅行者のニーズにこたえようと取り組んでいるのが、この陶芸体験教室。熱海市出身の陶芸家で店主の梅澤幸生さんが、「温泉に入って一泊し、チェックアウト後に楽しんでもらおう」と2015年7月に始めた。約1時間半のコースで手びねり、ろくろ、絵付けを指導し、焼き上げた作品は約1カ月後に郵送してくれる。
■豊漁ひもの店店主の湊克重さんが一番弟子
「ほとんどの人が初めての陶芸体験で、熱海の思い出作りに楽しまれています。せっかく熱海に泊まりに来ても、時間をもてあましいている人が多い。雨の日だととくそうです。その意味で体験型レジャーは季節や天候にも左右されず、ニーズはもっと高まると思う」と梅澤さん。店内には、梅澤さんの作品をはじめ、生徒、同店の大家で一番弟子でもある豊漁ひもの店店主の湊克重さん(69)の力作も地元価格で展示販売されている。
■熱海駅前から咲見町へ、観光客の動線に一役
湊さんは「咲見町には、この陶芸教室をはじめ、様々なレジャー型アート教室が増えてきた。咲見町は観光客で賑わう熱海駅から、来宮神社、熱海梅園に向かう途中にあり、新しい人の流れ、動線ができつつある。その先鞭を付けてくれたのが梅澤さん。感謝しています」。熱海駅前の平和通り商店街、仲見世通りで途切れていた人の流れが、咲見町に延びつつある。熱海に新たな風が-。


熱海ネット新聞・松本洋二


■梅澤幸生さん 1971年生まれ、47歳。陶芸家。陶芸工房「doka 土火(どかどか)」店主。熱海中―熱海高卒業後、都内に就職。元ジョナサン店長。30歳から陶芸家に専念、湯河原町の「Do陶芸館」で講師を務め、2015年7月独立。


豊漁ひもの店店主・湊克重さん


豊漁ひもの店でも陶芸作品を展示販売

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

10月
23
2021
6:00 PM 静岡熱海花火フェス @ 渚親水公園ムーンテラスなど
静岡熱海花火フェス @ 渚親水公園ムーンテラスなど
10月 23 @ 6:00 PM – 8:00 PM
同夜のイケブン主催の熱海海上花火大会の関連ステージイベント。19時〜湘南なぎさの阿波踊りなど。
8:00 PM イケブン熱海海上花火大会 @ 熱海湾
イケブン熱海海上花火大会 @ 熱海湾
10月 23 @ 8:00 PM – 8:40 PM
静岡県内の全花火製造会社(8社)の合同花火。40分間に5500発。
渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
  2. 2021-10-22

    【お悔やみ】上田良一さん(熱海市日金町)10月20日死去

    上田良一さん(うえだ・りょういち)10月20日死去、73歳。熱海市日金町8の35。通夜23日午後4時…
  3. 2021-10-22

    衆院選 勝俣氏が「631票差」逆転へ、南熱海でローラー作戦

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補し、4期目を目指す自民党前職の勝俣孝明氏(53)が…
  4. 2021-10-21

    10月23日に「熱海花火フェスティバル」 湘南なぎさ連とコラボ、5500発

    政府は9月28日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、静岡県など19都道府県に発令…
ページ上部へ戻る