【文化】巨匠池田満寿夫を体感 「手びねり」陶芸教室/下多賀・満陽工房


熱海市は下多賀の「池田満寿夫記念館」に隣接する「満陽工房」で陶芸教室を開いた。市内外から集まった故・池田満寿夫のファン20人が記念館と工房を見学した後、満寿夫さんの作品を参考に手びねりによる「茶碗」や「皿」の作陶を楽しんだ。山梨県富士川町の「増穂登り窯」代表の太田治孝さんが講師を務めた。太田さんは野焼き風の焼成が可能な薪窯の「満寿夫八方窯」築窯に協力するなど、満寿夫さんの作陶に深く関わった薪窯焼成研究家。
池田さんのパートナーで世界的バイオリストの佐藤陽子さんもギャラリーを訪れ、「満陽工房」で陶芸教室が開催されることになった経緯や庭園に植えられた桜や五色桃について話し、参加者の作陶を見守った。
制作された作品は、「満寿夫八方窯」へ運び、焼成後、完成した作品は市生涯学習課を通して引き渡される。
(熱海ネット新聞)
写真=4月7日撮影


故・池田満寿夫さんと佐藤陽子さんの思い出写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る