越村修会長、渡辺修一顧問を再任 県都市対抗では12位躍進/熱海市ゴルフ連盟

 

熱海市体育協会傘下の熱海市ゴルフ連盟(会員30人)は5月16日、いきいきプラザで総会を開き、平成30(2018)年度の予算や事業計画を決めた。役員改選では越村修会長を満場一致で再選。顧問の渡辺修一氏、雨宮盛克氏も再任した。また昨年の静岡県都市対抗ゴルフ選手権大会(静岡カントリー島田ゴルフコース)ではA代表(山本喜伸、瀬田稔康)、B代表(早川毅、三上光彦、中島秀人、鈴木正和)の6人が出場し、前年より9位ランクアップして26市町中12位の好成績を収めたことも報告された。
今年度の同選手権大会には、研修選考会(9試合)の成績をもとにA代表に向笠輝夫氏と手塚哲秀氏、B代表に鈴木正和、早川毅、甘利常仁、三上光彦の4氏をそれぞれ選出した。
(熱海ネット新聞)
■熱海市ゴルフ連盟役員 会長=越村修▽同補佐=斉藤正一(事務局長)▽顧問=渡辺修一、雨宮盛克▽相談役=鈴木秀旺、向笠照夫▽監査委員=手塚哲秀、中西眞司▽研修部会会長=早川毅▽同副会長=中島秀人、三上光彦▽一般部会会長=向笠照夫▽同副会長=関政則▽同補佐=山本喜伸、山田文敏、大曽根秀彦

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る