「夏越の大祓」暑い夏、無病息災を願う/伊豆山神社・茅の輪くぐり


今年最高気温の32度を観測した熱海市の伊豆山神社(原嘉孝宮司)で6月30日、半年間の厄払いをする神事「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われた。大館節生総代会長をはじめ、氏子、勝俣孝明衆院議員、高橋幸雄市議、伊豆山温泉の宿泊客らが境内に設置された直径約2・5メートルの「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。
6月と12月末日に祓い清める神事で、同神社では平安期から親しまれている。昨年8月に急逝した原口尚文前宮司に代わり、大鳥居素(おおとりい・もとむ)禰宜(ねぎ)が神事を執り行い、絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願した。
集まった人たちは大祓詞(おおはらえのことば)の祝詞を唱えたあと、原口靖巨(やすなお)権禰宜、大鳥居禰宜に続いて古式に従い3度、茅の輪をくぐりながら歩き、暑い夏を無事過ごせるよう願った。これまでは氏子中心の神事だったが、神社や伊豆山温泉旅館組合(観光協会)などのアピールで観光客や伊豆山温泉の宿泊客らも参加し、初夏の風物詩に。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっている。
12月の最終日には「年越しの大祓(おおはらえ式」が齋行される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る