池田満寿夫にふれる 手びねりの作陶体験

熱海市は25日、下多賀の「池田満寿夫記念館」と隣接する「満陽工房」で体験教室「芸術家池田満寿夫の陶芸にふれる一日」を開いた。市内外から13人が参加。記念館と工房を見学した後、手びねりによる作陶を楽しんだ。

山梨県増穂町の「増穂登り窯」代表の太田治孝さんが講師を務めた。太田さんは「満寿夫八方窯」築窯に協力するなど、池田さんの作陶に深く関わった。

陶芸体験は満陽工房で実施。参加者は池田さんの作品などに触れながら、そのとき感じたイメージを土で表現した。作品は満寿夫八方窯で焼成後、参加者に引き渡される。

千葉県我孫子市の勘解由弘隆さんは「池田満寿夫さんになりきろうと参加した。今までの殻を打ち破って、作陶することができた」と満足げに話した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

ページ上部へ戻る