【動画】「南あたみ和太鼓まつり」熱海の和太鼓3団体が競演 

「海と公園の南あたみ文化祭」(同実行委員会主催)が11日、熱海市下多賀の小山臨海公園で開かれ、南熱海マリンホールでは県内の和太鼓演奏8団体が一堂に会する「和太鼓まつり」があった。

注目を集めたのは、熱海市の「豆州網代太鼓」「泉太鼓保存会」「熱海囃子笛伶会」の共演。熱海を代表する「3太鼓団体」が揃い踏みするのは珍しく、多くのファンがかけつけた。

伊東市の「伊東囃子保存会」、伊豆市の「伊豆総合高・郷土芸能部」「天城連峰太鼓」、長泉町の「鮎壺太鼓保存会」、牧之原市の「はいばら太鼓保存会」も熱演した。

(熱海ネット新聞)

◇豆州網代太鼓

2003年に網代を中心に南熱海の和太鼓愛好家10人が集まり結成。オリジナル曲に加え、地元の祭りのお囃子をアレンジを加えて演奏。熱海市内を中心に各種イベントや介護施設の慰問などで活躍。

◇泉太鼓保存会

泉地区の郷土芸能を継承するため1980年に結成。徳山一高代表を中心に学生から社会人まで40人で構成。湯河原町の「やっさ祭」、地元の「湯かけ祭」、「みつわ祭」、熱海市の「成人式」などで活躍。

◇熱海囃子笛伶会

熱海の郷土芸能である「熱海囃子」の笛を後世につたえようと1971年に初代代表の内野正男さんが結成。高校生から社会人、主婦、高齢者など30人で構成。現代表の西川正和氏は4代目。熱海梅園「梅まつり」、来宮神社「大楠祭」など市内のイベントで活躍。

t303 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る