【社寺】温泉の長久を祈る 伊豆山「走り湯神社」で例大祭

 

熱海市伊豆山の「走り湯神社」で14日、例大祭があった。走り湯温泉組合や伊豆山温泉の旅館関係者らが参列し、温泉の長久を祈った。

伊豆山神社の原口尚文宮司が神事を行ったあと乾杯。「湯汲(くみ)式」では、原口宮司が湯煙が上がる走り湯の洞窟前の湯だまりから長いひしゃくで沸き出る温泉をくみ上げ、源泉の上にある「走り湯神社」に お湯を捧げ、泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。

参列者は持ち寄ったたるなどに温泉を分け入れ、それぞれ旅館やホテルに持ち帰り、風呂に入れたり、神棚に供えたりした。

伊豆山温泉の元湯である走り湯は、約1300年前の奈良時代の養老年間に発見されたと伝えられ、全国でも珍しい横穴の洞窟の中で温泉が吹き出す間欠泉。鎌倉時代の正史「吾妻鏡」で愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉とともに日本三大古泉の一つに数えられ、現在も70度の湯が毎分140リットル湧き出ている。

走り湯の守護神である同神社も古い歴史を持ち、平安時代の歌謡に「東国第一の霊場」と歌われている。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_0998ssDSC_0986ss

DSC_0942ssDSC_0943ss

DSC_1049ssDSC_0863ss

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る