【観光】温泉に感謝、芸妓神輿が練る 湯かけまつり

 

温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける「湯かけまつり神輿パレード」が24日、強風が吹く熱海・泉公園で開催され、多くの観光客や地域住民がかけつけた。

 

湯河原町の不動滝を出発した芸妓神輿、宿泊客の女性神輿、湯河原睦会、素鳶、巽連の5基の神輿は沿道の見物客からお湯をかけられながら2・5キロを練り歩き、午後9時過ぎにフィナーレ会場の泉公園に到着。泉太鼓や「どっこい」「どっこいそーりゃ」の神輿甚句が響き渡るなか、勇壮な練りがいくつも重なり、まつりは最高潮に達した。

 

(熱海ネット新聞)
◇湯かけまつり
江戸時代、将軍家や大名家に湯河原の温泉を献上する「献湯神輿」出発の際、道中の安全を祈願してお湯をかけてお祓いする儀式を再現。今年で21回目。熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会、同旅館組合が協賛。

 

 

白神輿

アップ

協会首脳

消防

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
  2. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  3. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  4. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
ページ上部へ戻る