【社会】総勢41人で420キロの梅の実を収獲 熱海梅園

熱海市は3日、熱海梅園で梅の実の採取を行った。市職員13人、ボランティア23人、業者5人の計41人が参加。梅の木の下にブルーシートを広げ、竹の棒で枝葉を揺すって振り落とし、420キロを集めた。

熱海梅園には58種、473本の梅の木が植栽されているが、梅干しなどに使える気は132本。今年は2月に2週連続で大雪。先月末には突風が吹いた影響で昨年(520キロ)を下回った。
以前は収穫した梅を市民に無料で配っていたが、平成18年からは収穫した実のすべてを梅干し製造会社「東明」と酒販会社「熱海酒販」に売却してきた。しかし、今年は「東明」1社だけになったため、熱海梅園の草むしりなどに尽力するボランティアなどに無料配布した。

(熱海ネット新聞)

 

ブルーシート梅

DSC_2140ss

41人集合

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る