【経済】ホタル鑑賞の夕べ 期間中の人出3851人

熱海市観光協会(森田金清会長)は16日、平成26年度「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日~15日)の人出を発表した。期間中15日間に来園した総入場数は3851人で前年(4336人)を485人下回った。最多来園日は14日(土)の840人(同159人減)。今年はホタルが数多く飛び、出足は好調だったが、期間中4日間雨に見舞われたことが響いた。

期間中の駐車場利用台数は128台。来園したタクシー台数は228台。旅館ホテルの送迎台数は123台だった。

めーん大量

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る