【花】韓国庭園に夏を告げるネムノキ 熱海梅園

 

一年で最も昼の時間が長いとされる夏至の21日、熱海梅園の韓国庭園で夏に開花するネムノキがきれいなピンクの花を咲かせ、来園者に季節を感じさせている。

この花は夕方になると昼には広がっていた2つの葉が重なり合って閉じたような状態になる。それが「眠る」をイメージさせるため、この名が付いた。ネムノキ科ネムノキ属の落葉高木で木を植えてから花がつくまで10年程かかる。熱海梅園の一角に韓国庭園が誕生したのが平成14年、12年目を迎える。

DSC_2679ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る