【話題】カルガモの親子、ただいま熱海梅園で「集団行動」特訓中

熱海梅園の香林亭の池付近で、カルガモの親子が姿を現し、子育ての愛くるしさが市民や観光客の目を楽しませている。

熱海市公園緑地室によると、6月末にカルガモの産卵を確認したという。本紙が7月3日に同池に赴くと、母カルガモが日体大の清原伸彦監督よろしく、9羽の子どもたちを引き連れて規律ある歩行と水中足かきの集団行動を教え込んでいた。これまでもカルガモが飛来してくることはあったが、熱海梅園で卵をふ化させ、ひなが誕生したのは初めてという。

同緑地室では「ひなは韓国庭園や中山晋平記念館にも移動しているのでとびだしに注意してほしい」と呼びかけている。

DSC_3430sspDSC_3349ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る