【社寺】宮神輿がリレー方式で各町内を渡御 熱海は祭り一色

来宮神社の例大祭は15日、宮神輿(みこし)の宮出しで幕を開けた。宮神輿保存会(山田康夫会長)の会員らに担がれ宮神輿は午前9時に境内を出発。関係町内に引き継がれて市内を威勢良く練った。
強い日差しが降り注ぐ中、それぞれの町内の若衆や御鳳輦(ごほうれん)奉仕者などが交代で担ぎ、宮坂を下ったあと、咲見町、熱海駅、渚親水公園、銀座町などを6時間かけて渡御した。銀座町の宝屋精肉店前では旭町、旭町二丁目の若衆から本町、友楽町の若衆に交代。新たな掛け声とともに宮神輿をつないだ。

DSCN3952DSCN3956IMAG0680IMAG0613

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る