【市政】田中ひでたか後援会が事務所開き式、父・日米露氏も必勝を祈願

熱海市長選に立候補を表明している新人で市議の田中秀宝氏(45)の「田中ひでたか後援会」(岩元正会長)は27日、熱海市昭和町に開設した「田中ひでたか後援会事務所」の事務所開き式を開催。梅原一美市議、小野達也県議、室伏重孝湯河原町議会議長、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長、小石川勇熱海社交業組合組合長、父親で元市議の田中日米露氏らおよそ200人の支援者が駆け付けた。

今宮神社・泉明寺みずほ宮司の後援会事務所開き式の神事に続いて、田中氏が「もう一期待てという声もいただいたが、このまま斉藤市政が続けばとりかえしがつかなくなる。グルメシティ熱海店(旧セイフ―=ヤオハン)が店を閉ざし、廃業する商店も多く、10年前に比べ熱海は悪くなっている。現場に出るのが市長の役目なのに、斉藤市長はいまだに散骨現場に足を運んでいない。私が市長になったら直接出向いて市民の話を聞く」と行動派をアピール。

人口対策には「働く場所の創設が最重要」とし、「熱海は大規模ホテル、旅館の耐震改修問題を数多く抱えており、耐震診断がクリアできなければ、そのまま辞めてしまうところも出てくる可能性がある。雇用を守るために入湯税を(耐震改修工事に)充て、市発注工事、物品購入等を市内の業者へ徹底をさせる」と訴えた。

◇田中秀宝後援会 会長=岩元正、副会長=清水一衛、顧問=守屋正門、選対本部長=井上日出男、同副本部長=齋藤一馬、戦略部長=田中悟志、青年部長=深澤勇弘

DSCN3989DSCN3976

DSCN3980DSCN3967tanaka100

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る