【社寺】夜も神輿が練り、夏祭りシーズン終了を惜しむ 多賀神社例大祭

熱海の夏祭りの最後を飾る熱海市上多賀の多賀神社(雨宮盛克宮司)の例大祭は29日、社殿での神事に続き、御神幸行列が神社を出発。白装束姿の厄年奉仕者が担ぐ御鳳輦が各地区を巡行し、戸又港では青年部・青塊会の神輿も加わって伝統の浜降りが挙行され、多くの市民や観光客が見守った。

夜を迎えても祭りは続き、子供たちを乗せた上多賀青年団の山車が繰り出し、「輝神会」の神輿(みこし)が勇壮な練りを披露するなどして、今夏最後の熱海の夏祭りはクライマックスを迎えた。上多賀地区に威勢のいい掛け声と祭り囃子の音が遅くまで続いた。

DSC_6259ssp

DSC_6333sspDSC_6317sspDSC_6318ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る