【スポーツ】熱海三田会の願い届かず、”海の王者”慶応葉山は準優勝

平成12年の第53回大会以来12年ぶりの優勝を狙った慶応葉山(慶応大学水泳部)は59秒届かず(2時間36分02秒)、昨年と同じ2位に終わった。熱海三田会の高橋盛泰会長(ホテルニュータカハシ社長)はムーテラスの先端から同会の旗を掲げ、後輩たちの逆転に声をからしたが、わずかの差で涙を飲んだ。

それでも 川崎一紀、山本将太、中井滉の3選手が胸を張ってゴールすると、OBの面々がすぐに駆けつけ、健闘を称えた。熱海三田会の重鎮・鵜沢精一前熱海商議所会頭は救助艇から鎌田武俊市議は本部艇からレースを見守った。「初島・熱海間団体競泳大会」20回優勝の”海の王者”復活は来年に持ち越された。

DSC_7527ss2

IMAG0949-1-1-1-1-1

IMAG0958

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る