【スポーツ】伊東高の59秒差優勝を支えた女子部員の熱い声援 

2時間35分03秒で5連覇を成し遂げた伊東高チームの古牧佳一朗選手は優勝インタビューで「ずっと2番の大学生チーム(慶応葉山)が横に粘っていて苦しかった。先輩たちが築いた伝統を後輩たちに引き渡すことができて良かった」と笑顔で話したが、ゴールした瞬間は「残り1500メートルが死ぬほどきつかった」と本音を漏らした。

勝因はチームワーク。同校チームは同伴船に水泳部の女子部員4人が乗り込み、2時間半に渡ってメガホンで声援を送り続けた。この熱い激励に古牧、高栖翔、内山雅貴の3選手は15分置きに向かい風と高波をかぶる先頭を務め、ピッチ泳法に徹して大学生チームを打ち負かした。慶大の猛追はゴール前まで続いた。

DSC_7409ss2

DSC_7287ssp (1)

IMAG0925

 

IMAG0958

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  2. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  3. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  4. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
ページ上部へ戻る