【社寺】伊豆山で送り火供養の「ろうそく祭」 小田原攻めの僧兵を供養

 

熱海市伊豆山の般若院で31日夜、「伊豆山送り火供養ろうそく祭」が営まれ、3000本のキャンドルが境内を照らした。境内前の広場ではかがり火の下で豆州網代太鼓や子供たちが演奏が繰り広げられ、多くの市民や観光客が夕涼みした。
キャンドルの演出などは「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が企画したもので、今年で9回目。読経が響く本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに30〜45センチ間隔で灯火を並べた。
般若院は豊臣秀吉の小田原攻めの際、北条側に加わったため焼き打ちされた歴史を持ち、命を落とした伊豆山の僧兵や住民を弔っている。東日本大震災後は、犠牲者の供養を兼ねた祭事も続けている。

伊豆山の各町内会では、沿道にロウソクを並べ、地区全体がキャンドルの光に包まれた。

 

DSC_0861ss (1)DSC_0997ssDSC_1021ssrou100

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る