【文化】秋の熱海は「アートの街」、駅前広場にレトロなチョーク絵がお目見え

「あたみ湯ったりアートフェスティバル」(実行委員会主催)が13日、熱海市内の各所で開幕。熱海駅前の仲見世通り商店街広場では午前11時からオープニングセレモニーが開かれ、実行委員長の内田篤呉MOA美術館館長が「21世紀のアートは新しい産業と個人の富、雇用を生み出す、と言われている。オール熱海で熱海を訪れる方々をおもてなしし、熱海の魅力をゆったりと楽しんでいただきたい」と話し、開幕を宣言した。

広場では日本を代表するストリートチョークアーティストの栗田貴子さんが沖縄県糸満市から駆け付け、アシスタントの下里麻美さん、吉田幸豊さんとともにレトロな「熱海ビール」のラベルを約6時間かけ、色とりどりのチョークを使って描き上げた。

同フェスティバルは「この秋、熱海はアートで染まります」をコンセプトに、従来あった「アート(芸術)」「フード(食)」「ミュージック(音楽)」の各イベントに一体感を持たせ、観光地熱海の新しい魅力を創出。地域活性化を目指すもので12月24日までの103日間に渡ってロングラン開催する。

 

制作中DSC_1956ss2

ストリートチョークアートを制作した栗田貴子さん(左)と下里麻美さん

DSC_1893ss (1)

 

DSC_1888ss

実行委員長の内田篤呉MOA美術館館長

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  2. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  3. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  4. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
ページ上部へ戻る