【文化】夏休み最後の休日、望遠鏡で月や惑星観察 自由研究にラストスパート

夏休み最後の日曜日となった8月27日、熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)十国峠山頂で開かれている「星空・惑星観察会」に多くの家族連れらが集まった。夏休みの自由研究のラストスパートに入った子どもたちは、月光天文台(函南町)の渡邊裕彦台長から夏の星座や月、太陽系の惑星に関する説明を聞き、山頂広場へ。口径20センチの反射望遠鏡と同10センチの屈折望遠鏡を使い、順番に月や木星、土星を観察した。最終日は薄雲がかかったが、惑星や一等星は捉える事が出来、天体望遠鏡の性能と宇宙の神秘を体感しながら、新学期に備えた。熱海市内の小中学校の始業式は8月30日。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る