【社会】スワ、熱海湾に大津波襲来!相模トラフ震源の大地震想定で総合防災訓練

熱海市は14日、熱海署、市消防、陸上自衛隊、下田海上保安部、熱海市医師会など37団体の協力を得て伊豆山小学校をメーン会場に市内21カ所で熱海市総合防災訓練を行った。相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生し、伊豆半島東海岸に大津波が襲来。市内各所で山崩れが起き、家屋が倒壊。道路が陥没し、一部地域で火災が発生。多数の負傷者が出た。また電気、ガス、水道及び通信施設にも大きな被害が出て、交通機関はマヒ状態--という想定で行い、地元住人や自主防災関係者などおよそ3000人が参加した。

伊豆山小学校では、斉藤栄市長が視察するなか、住民たちが3つのグループに分かれ、初期消火、ライフラインの復旧、応急手当の訓練に取り組んだ。また熱海女性連絡会のメンバーがアルファ米の炊き出しを行った。

熱海港では居場所を失った観光客を海上保安庁の巡視船に乗せて、横浜港に脱出させる観光地ならではの訓練も実施した。

静岡県が昨年6月に公表した第4次地震被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震・津波による死者は、県内で10万5000人、伊豆で約1万8000人。熱海市でも津波で最大60人、山崖崩れで同10人の被害が想定されている。

DSC_2077ss

DSC_2037ssDSC_2096ss

DSC_2079ss2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る