【市政】消防本部と消防団が合同訓練、初川に一斉放水

熱海市消防本部は2日、中央町と清水町の初川沿いで消防署1隊と市消防団11隊が合同訓練を行い、約280人が参加した。
周辺の住宅密集地から出火した火災が、強風により延焼拡大したため、熱海消防の総力を集結して防御活動する――という想定の下、指令を受けて出動した各隊は、ポンプ車で現場に到着すると手際よくホースを連結し、初川へ向てけて一斉放水。協力して消火活動に当たるとともに防災体制を確認した。
斉藤栄市長、土屋千秋消防長、牧野克昭団長、橋本一実県議、杉山利勝市議会副議長が観閲した。秋季火災予防運動の一環として実施した。

IMAG1656

IMAG1655IMAG1649IMAG1658

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る